N鍼灸整骨院の継続支援コンサルティング➂

 以前のブログでも触れましたが、N鍼灸整骨院の場所は都内近郊にあり、最寄り駅の1日の平均乗降者数は約12,000人、周辺人口は減少傾向で高齢化も進んでいます。この駅から徒歩10分程度歩くと郊外の大規模団地(総戸数は3023戸)があり、周辺人口を調査する中で特に団地内の人口減少が進んでいました💧
 団地の中央部には静かな商店街があり、その商店街のテナントの一角にN鍼灸整骨院はあります。周辺の写真はこちら。このように、団地内の商店街にあるため、大通り沿いからは全く見えません。さらに、夕方以降は、ほとんどのテナントが閉まり、暗くなるために人通りが少ないです。
 N鍼灸整骨院は、知人が経営を12年間していた接骨院(柔道整復の保険診療のみで、ほとんど手技療法などをおこなっていなかった)を譲り受けて、2018年4月に創業しています。


 月次支援を続けていくなかで、「1年間の経営計画の策定」の作成依頼を受けたので、現状の分析をおこない、課題を検討しました。
 
  主な運営・経営上の課題は、以下になります。
  • 施術以外の時間が多い(施術前後の機器の取付け、ベッドメイク、患者説明など)
  • 自費診療の比率と単価が低い
  • 既存顧客の維持・継続
  • 団地以外の顧客へ自院を周知できていない
  • 顧客の少ない曜日、夕方以降の時間への対応
この課題に対しての対応策の提案は、大きく以下の4つになりました。
  • 生産性向上:施術前後の段取りの効率化、物販、単価の高い自費の新メニュー
  • 既存顧客への販促:以前の院の顧客の掘り起こし・ポイントカード
  • 新規顧客への周知:SEO・健康相談会・看板へのライトアップ
  • 顧客の少ない曜日、夕方以降の時間への対応:キャンペーン、予約制の導入、在宅訪問の開始
この対応策は、経営者がどのように事業を進めていきたいか、経営資源や時間的な余裕を考えたものになっています。そして、すぐに取りかかれるもの、時間がかかるものもあるために具体的な実行計画を図で可視化して提案しています。
 この提案に対して、実際に行動に移していくのは経営者自身になりますが、何かを始めたり行動に移すのは、とても気力も勇気もいることですよね💧
 そのため、月次支援を通して話し合いながら、支援していけるようにしています💪


表記は「N鍼灸整骨院」に変えましたが、
実際の提案したレポートの表紙になります。

次回からは、実行した主な対応策の紹介をしていきたいと思います。





友だち追加で業界情報・コンサルティング情報、お問い合わせなど
👇 
友だち追加
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

お問い合わせについて

弊社では、経営相談・支援、補助金・助成金・融資の申請サポート等をおこなっております。
サービスについてのお問い合わせは、ホームページまたは、下記お問い合わせフォームよりお願い致します。

LINEによるお問い合わせ

友だち追加